スイス生活 since June 2008

早いものでスイス生活ももう6年目。タイトル変更いたしました。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神戸観光♪

今日は(日付変わっちゃったけど) サミとちあきさんと神戸観光へ♪
前からずっと気になっていたシティーループの一日券(¥650)で巡りました

車内の様子
D1003020.jpg

またピンボケです。そうですまたデジカメ忘れました

今日は特に写真がいっぱい、 続きは・・・            ↓  ↓

まず初めに 「北野工房」へ。 ここは 旧北野小学校を再利用しております
中には工房や、神戸のお土産あります
北野工房のまち

D1003038.jpg


紙を作ってらっしゃいます
D1003041.jpg


やっぱり神戸ワイン
D1003034.jpg


そして、北野異人館街へ

風見鶏の館
D1003026.jpg

肝心の風見鶏が入りきってません

このあたりの階段はこんな感じ・・・
D1003025.jpg



そのあと神戸の山側の玄関口「新神戸駅」でバスを下車

布引の滝へ
D1003024.jpg


この子たちがウヨウヨ
D1003023.jpg

食事中でしたらすみません


そして南京町へ
D1003022.jpg

飲茶を軽くいただき、再びバスにて北野へ

「Cafe de Paris」 にて。   Cafe de Paris
D1003019.jpg

ここで出会ったこのお父さん、パリから旅行で来られてるのですが、
なんと4月1日に東京入りしてからずっと自転車で日本を旅されているそうなのです!!
54歳、2000キロ走破、凄い体力、そして気力です
色々と話を伺いたかったのですが、この方は英語も日本語も話されず、
残念ですが、直接はほとんど伺えませんでした。
でも、日英話されずどの様にして2ヶ月間過ごして来られたんでしょうね


その後、同じく北野のスイスシャレーへ
D1003016.jpg


名物チーズフォンデュ
D1003017.jpg


とってもスイス
D1003018.jpg

スイス シャレー


お腹いっぱいで、その後カフェには寄らず帰宅の途へ。
まだまだ知らない神戸がいっぱい。 もっと坂を登らなきゃ

なんとか天気ももってくれて とっても楽しむことが出来ました

今度はステとまたゆっくり巡りたいですね
Video call snapshot 165

りんごの中にリトル・ガイがいた様です
スポンサーサイト

Comment

 

同じ旅しましたな。
それにしたって、もうすぐスイス行くのにスイスシャレーって。。
と思った。。
でも行けてよかったっす**
  • posted by ささ☆ 
  • URL 
  • 2008.05/30 04:21分 
  • [Edit]
  • [Res]

ささ☆ 

ほんま楽しかったわ~☆
いまフットサルから帰ってきたねん。

しかしスイスシャレー、思いのほか高かった…
でも行けてよかったね。
あとは本場のそれがどんなんか見てくるわi-281
  • posted by chisa 
  • URL 
  • 2008.05/30 18:17分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

chisa

Author:chisa
こんにちは。
ブログに遊びに来てくださって
ありがとうございます。

2008年よりベルン州在住、現在はビール/ビエンヌの時計会社で働いています。

初めての方もお友達も
コメント大歓迎♪

表示中の記事

  • スポンサーサイト
  • 神戸観光♪
  • --年--月--日 (--)
  • --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2008年05月29日 (木)
  • 01時08分58秒
by AlphaWolfy

☆また来てくださいね☆

☆現在閲覧中☆

メールはこちらから♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

pictlayer

右サイドメニュー

ブログ内検索

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。