スイス生活 since June 2008

早いものでスイス生活ももう6年目。タイトル変更いたしました。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルツェルン、絶景と悲話。

先週のとある晴れた日に、車で1時間強かけて
ルツェルンへ行ってまいりました。




CIMG3828.jpg
こちらとても有名なカペル橋。

CIMG3826.jpg
お花がたくさん。

CIMG3825.jpg
橋からの風景。

CIMG3823.jpg
対岸から撮ってみました。

CIMG3827.jpg
白鳥がたくさんいます。


ルツェルンはスイスでも有数の観光地、
各国からお客様が来られていました。

たまに日本人を見ると、とっても嬉しくなりますね。


私達は氷河公園へも行きました。


CIMG3847.jpg
太古の氷河後、溶ける際に削られてこんな形になりました。

CIMG3850.jpg
・・・。

CIMG3845.jpg
左がその昔、右が今日。 明らかに氷河は後退してますね。

CIMG3843.jpg
スイスの伝統的なお家の模型。各地で異なるようです。
(こんなに小さい国なのに不思議ですね。九州ほどです。)

CIMG3844.jpg
スイスといえば、時計。これも有名な伝統工芸です

CIMG3839.jpg
この博物館、”アムラインの家”は察するに(笑)1873年に建てられたもの。
という事は築135年ですね。(これを浅いな、と思う私はスイスかぶれ?)
ちなみに日本は明治6年。

博物館にはそこかしこにそのまま家具が置かれています。
日本じゃ絶対全て手に触れないようになってそうですね。

CIMG3838.jpg
こちらは中に入れません、当時の寝室です。
今じゃ、とっても背の高いスイス人ですが、
当時はとても小さかった事がベッドの大きさからうかがえます。



博物館を出ると、なぜか鏡の部屋が。
この鏡の部屋、1899年以来ここで展示されています。
ここは、鏡に囲まれた迷路になっていて、私も一度頭をぶつけました(笑)


鏡の部屋を出ると、やはり鏡がまっていました。

CIMG3837.jpg
短足鏡。サングラスでかっ。

CIMG3836.jpg
アチョーッ!

CIMG3834.jpg
ステがいっぱい。



そのあと、展望台へあがり眺望を楽しみました。
CIMG3833.jpg
なんだかシルバニアファミリーみたいじゃない?

CIMG3832.jpg
クレーンが邪魔・・・


CIMG3820.jpg
これは上からの景色ではないけど、
みんな太陽によっぽどあたりたいんやなぁ~なマンション。
なんか、木が生い茂ってますね。



そして、そのすぐ下にある横たわる”瀕死のライオン像”。

CIMG3830.jpg

その昔、土地も小さく決して豊かではなかったスイスは、
周辺国に対し傭兵を輸出していました。

そしてスイス人傭兵たちは戦いの折、スイス人同士であるにも関わらず、
自国の為でもないのに殺しあわなければならなかったのです

この像はフランス革命のときに、ルイ16世を守って生命を落とした
786人のスイス傭兵に対する慰霊碑としてつくられた像だそうです。




今では永世中立国として誇り高いスイスですが、
実はこんな悲しい歴史があったのです。


ちなみに、赤十字のマークは提唱者のアンリ・デュナンに敬意を表し、
彼の祖国、スイスの国旗の色を逆さにしたものなのは有名ですよね。




この日は、素敵な景色にため息をつき、
二万年前にに削られた土地、素敵な古家の見学をし、
そしてこの平和なスイスの悲しい歴史に触れた日となりました。

スポンサーサイト

Comment

アチョーって 

(笑)笑える~

私もやりた~い☆
大好きこういうの☆

先週行ったのね☆実は私もクラスメイトのペルーちゃんの家(ルツェルンの街中在住)に先週のとある日行ってたのよ☆

そうだねスイス、いろんな悲しい歴史があるから今のスイスの形があるんだなって思うこともあるよね。
きっとそこに住む人達にしかわからない深い深い歴史があるんだろうな。

アンリデュナンの話!有名だよね。それを旦那に言ったら「ええ!マジで?関係なくない?」って。
関係あるよ~!!何で日本人の私が知ってるの!
  • posted by kokkopinpi 
  • URL 
  • 2008.08/05 06:52分 
  • [Edit]
  • [Res]

kokkopinpiさん♪ 

先週行ってたんや! ニアミスやね。
さすがルツェルン、日本人観光客も多いみたいで、
氷河公園では日本語のパンフレットがもらえたよ。ほっ。

なぜスイスが永世中立国となったのかって余り考えた事なかったけど、
いざライオンの像の前に立つと、本当に切なくなったわ。
今にも息絶えそうなライオンの悲痛な顔…。

ステにも赤十字の話聞いてみよう。
でもkokko夫さんが知らないのならステはノーチャンスと思うわ(笑)
  • posted by chisa 
  • URL 
  • 2008.08/05 12:13分 
  • [Edit]
  • [Res]

わぁ 

こんちは~e-463

ルッツェルン行ってきたのね~!
どうでしたー?(って私も2回しか行ってないけどv-408)

アチョー!ウケました。
さすが、関西人ネタに余念なしv-392

カペル橋って、chisaさんの街の橋に似てますね
  • posted by ミニュぅ 
  • URL 
  • 2008.08/05 18:26分 
  • [Edit]
  • [Res]

ミニュぅさん♪ 

ルツェルンには2回も行かれたんですね♪
ほんとに綺麗なところでした☆
カペル橋は確かに一見ステ村のと似てるかもですが、
比べるなんておこがましい程、美しかったですよ。そして古いですしね。

やっぱり私は三枚目関西人です。
ステも「ナンデヤネン!」って私にツッコミ入れてきますから(笑)
  • posted by chisa 
  • URL 
  • 2008.08/05 20:37分 
  • [Edit]
  • [Res]

笑 

スイス行ってもやっぱり関西人だね~e-278
アチョーって。。。
笑わせてもらいましたe-287

スイスに行って、今まで知らなかったことたくさん知ることができてるね。
(このブログのおかげで私たちもe-149
悲しい過去があるから、それを忘れずに今の平和を守っていくのかな。
平和な時代に生まれた私たちは幸せです。e-53
でも氷河が後退してるのとか見たら、今の私たちの生活もっと見直さないと将来は。。。って危機感感じてしまいます。

にしてもかわいい街。
やっぱりヨーロッパはいいね~e-266
旅行i-37行きたいなぁ。。。
  • posted by piyo 
  • URL 
  • 2008.08/06 01:02分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

 こんばんは♪
そうです、そう! ルツェルン!
そこです!カペル橋!
お花がいっぱいで、絵がたくさん飾ってある橋!
懐かしいです♪
 氷河公園は、、、行きませんでした。
だって、名前が魅力的じゃなかったから^^;。
でも、瀕死のライオンは見に行きましたよ。
有名どころだったから^^;。
 鏡で遊ぶお二人って言うか、chisaさんおもしろい♪
  • posted by rika 
  • URL 
  • 2008.08/06 15:46分 
  • [Edit]
  • [Res]

piyoさん♪ 

関西人はどこにいっても関西人ですよ(笑)
ちょっと香港映画のワイヤーアクションのイメージです。

本当に、こっちに来てからは毎日が発見と経験の連続です。
周りの人にも恵まれて、とっても幸せに過ごしてます♪

氷河後退に関しては、こっちの人の中には意外にカラッとしてる人も居て、
その昔は氷河に覆われててここまで溶けたじゃない?
きっとこれから全部溶けると思うけど、きっと何も起こらないよ☆
ってルツェルンの方がおっしゃってました。
でもね、溶けるよりは溶けない方がいいですよね!?
  • posted by chisa 
  • URL 
  • 2008.08/07 13:12分 
  • [Edit]
  • [Res]

rikaさん♪ 

こんにちは、神戸嬢になりそこねて三枚目まっしぐらのchisaです。

やっぱりルツェルンだったんですね~♪
写真では見てましたが、やっぱりとても綺麗でした!
そして、橋の周辺からちょっと丘(住宅街)にも行ったんですが
建物もキュートで、歩き甲斐がありました。

瀕死のライオンは思ったより大きくてびっくりしました。
この周りには韓国人、中国人、インド系の方が沢山で
思ったより日本人観光客はいませんでした。

氷河公園は、氷河の説明はドイツ語でちんぷんかんぷんでしたが、
古い家がとっても素敵でしたよ、あと鏡の部屋と(笑)
  • posted by chisa 
  • URL 
  • 2008.08/07 13:18分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

chisa

Author:chisa
こんにちは。
ブログに遊びに来てくださって
ありがとうございます。

2008年よりベルン州在住、現在はビール/ビエンヌの時計会社で働いています。

初めての方もお友達も
コメント大歓迎♪

表示中の記事

  • スポンサーサイト
  • ルツェルン、絶景と悲話。
  • --年--月--日 (--)
  • --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2008年08月04日 (月)
  • 21時46分08秒
  • この記事にはトラックバックできません。
by AlphaWolfy

☆また来てくださいね☆

☆現在閲覧中☆

メールはこちらから♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

pictlayer

右サイドメニュー

ブログ内検索

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。